広い中古住宅や相続した実家のリノベーションが増えています!

広い中古住宅や相続した実家のリノベーションが増えています!

Optimaの特徴であるブログ割引を適応できるくらいのリノベーション工事の傾向として、「広い中古住宅」「相続した古い実家」といった大きな家の水回り設備とLDKを中心としたリノベーションが増えています。そういったお客様のお話を伺うと、最初から中古住宅を探していたわけではなく、新築で考えていたけれど、予算内で建てられる家はとても小さくなってしまったため、中古住宅を探してみたところ、希望の地域で広くて車も沢山駐車できる家をいくつか見つけることができ、余った予算でリノベーション!という流れだったそうです。
また、今は使っていないご実家を相続されて、中古で売却して新築を!と考えたところ、土地代から建物の解体費用を差し引いた価格でも買い手が付きにくいでしょうと言われ、それであれば広いこの家をリフォームして住もう!ということでご依頼いただいたという事例もいくつかあります。

どちらの場合も「新築」を一度考えてみたけれど予算内では理想に程遠い小さな家しか手が届かず、なるべく広い家に住みたかったからリノベーションを選択したという内容です。

築年数がほどほどの大きい家は、解体代も高くなるため買い手が付きにくいものです。そこを逆手にとると、安価に広い家が理想に近い家に作り替えられる訳ですから、これからもっと増えていくと考えられますよね!

ビフォーアフターギャラリー

コンパクトハウスはライフステージの変化に柔軟に対応できる?

コンパクトハウスが流行し始めた5年前くらいに新築した方々から最近よく聞く話ですが、子供が小さかった新築当初は3LDK(11帖のLDK、洋6帖、洋4.5帖、洋4.5帖)で十分!掃除するスペースも少ないので最高!と思っていたけれど、子供が大きくなってくると「収納が足りない」「部屋が4.5畳では何も置けない」「来客の駐車スペースが無い」等々、様々な問題が持ち上がってきているという感じの内容です。

これはライフステージの変化で家族の生活スタイルが変わってきたために新築当初に思い描いていた生活とズレが生じてきたため、誰にでも起こる事です。ですが、よく見てみてください。
「収納が足りない」「部屋が4.5畳では何も置けない」「来客の駐車スペースが無い」という内容はコンパクトに設計した家では工夫で乗り切るには限界があるため、解決には至らないんです。

子供が大きくなってからを想像するのは難しい事だとは思いますが、スペースに関しての問題は「今は使わないから狭くても大丈夫!これなら予算に収まる!」というのは危険信号です。

広い中古住宅を重点箇所だけリノベーションで満足度が高い!

中古住宅は「広さ」が備わっていても築年数によってはかなり控えめな価格になっておます。
Optimaの「ふつうのリノベ」を活用される方の多くは「LDKと水回り設備」に重点を置いてリフォームされるので、トータルの費用を抑えたり、予算そのままで設備のグレードを大幅アップされたりしています。

リノベーションした部屋は新築同然になり快適そのもの!そして中古で購入したままの部屋でも、断熱性能は落ちるものの部屋として使えないわけではありませんので、普段は物置にしていて、子供が大きくなり広い子供部屋にする時に断熱処理や壁紙の張替えなどを行えば安価で活用できる状態になります。

ポイントは全てをリノベーションするのではなく、「今」重点すべき場所にお金をかけるという点です。

中古住宅のメリットは安さだけではありません!

中古住宅のメリットは沢山あります。資産価値が下がっているので固定資産税が安くなるという事は有名ですよね!
ですが、個人的に一番のメリットは「その土地に家を建てた場合、立地条件でどんなダメージが出るのかを確認できる」という点です。

少し抽象的に書いてしまいましたが、具体的にいうと

湿気で部屋にカビが生えやすい」「強風が吹きつけて屋根や外壁にダメージが出やすい」「潮風などの影響が出やすい」「日当たりが悪い」「日当たりが良すぎて室内の日焼けが凄い」等々、新築時には想像することしかできない土地と建物が有ってはじめて確認できる事を現物を見て確認できるという点だと考えています。

数千万円も使って建てた家が地下水脈の上で家の中がカビだらけという家もあれば、杭を沢山打ったのに数年後に少し傾いている家などもあったり、日当たり良好!!が度を越していてカーテンが開けられないくらい眩しかったりという事は実際には結構起きるものです。高い買い物で納得できる住空間を予め確認できるのはとても重要だと思いませんか。

築55年なら十勝沖地震・三陸はるか沖地震、東日本大震災にも耐えた家ですよ!

築年数が55年なら十勝沖地震から耐えてきています。築30年なら三陸はるか沖地震から耐えています。古い住宅は耐震強度が問題視されますが、実際のところこれだけ大きな震災に耐えてきている住宅です。あからさまに歪んでいる家でなければ、耐震強度を気にする必要はありません。築30年も経っていると土地代から母屋の解体代を差し引いた価格で販売されている物件も少なくないと思います。リノベーション前提であれば「雨漏りの形跡」に注意すれば安価に快適住空間を実現できるかもしれませんよ!

中古住宅選びの注意点
築年数に関係なく目に見えて歪んでいる家は選ばない方が良い。
雨漏りの形跡は無い方が良い。※形跡があっても補修で改善している場合は大丈夫。補修しても雨漏りしているようであれば改善の余地が無いのでやめた方が無難です。

ふつうのリノベで理想の空間を!

新築をご検討の方はすでに理想の空間計画があると思います。
その理想の空間はリノベーションでも実現できるものではありませんか?
10年乗った車はメンテナンスしても現状の新車に並ぶものにはなりませんが、築20年の家はリノベーションで新築当初より優れた家にだって生まれ変われます。

リノベーションで間取りを変えるのであれば、部屋の断熱処理だって十分行えます。

是非、中古住宅のリノベーションを、できればOptimaの「ふつうのリノベ」をご検討ください!

Optima代表

Optimaの施工が安心でも安価な理由を知りたい方は
こちらの記事を読んでみてください
「Optimaが安心・安価な理由」

お電話でごお問合せは
0120-388-380まで!

最新情報をチェックしよう!
>「予算を抑えてリノベーション」なら

「予算を抑えてリノベーション」なら

Optimaでは自社経費の節約やお客様に合わせたプランニングで他社より安価にリノベーションを実現します。 水回り設備一新から間取り変更、外壁の部分張替えなどなど、まずは豊富な事例でご確認ください!

CTR IMG