水回り一新+LDKの工事等でご予算が合わずに先送りになった見積はありませんか?

Optimaでは、水回り一新+LDKなどの中規模工事で他社様のお見積りが予算に合わずに先送りもしくは諦めたけれど、予算に合うなら再チャレンジしてみたい!という方を募集しています。
※精一杯の努力はさせていただきますが、確実に予算に収まるという保証はございませんので、あくまでどこまで落とせるかプランニング・お見積りにOptimaがチャレンジという事でご了承ください。

・他社様で700万円の工事でも設備が最低ランクと言われた案件が500万円に収まり、更にキッチンのグレードも好みのタイプに変更できた!
・他社様でこの場所にユニットバスは入らないので間取りも大幅変更で600万円と言われた工事がその場所に設置できるユニットバスをご提案することで350万円で施工可能に!
・他社様で500万円と言われた水回り+間取り変更工事が、玄関ドア交換を追加しても400万円に収まりました!
・他社様で700万円のお見積りになった間取り変更+1坪増築という内容を使っていない収納を利用して外壁が絡まないプランに変更し500万円で設備のグレードもアップできました!

などなど、場合によっては車も買えるくらいの金額差を経験していただいております。

料金が安くなる理由!!
・有名チェーン店と違い、経費を抑えることで価格が大幅に抑えられます!
・設備の知識、間取りの知識、これまでの経験からお客様のご要望をかなえつつ金額を抑えられるプランニング!
・現金先払いで仕入れ価格を最大限まで抑える!!(チェーン店では先払いでも安くはなりません。)
・ブログやチラシに弊社の広告として施工内容を詳しく公開させていただくことで大幅値引き!!

水回りを一新するクラスの工事の費用を抑えるプランニングのポイント

1.解体を最小限に抑え、家の機能に影響の無い部分はなるべく活かす

例えば、和室と洋室を繋げる場合、柱と筋交いを取り払い太い梁を入れて強度を上げて、床も大引きからすべてやり直し、壁も全て壊して下地からやり直し。天井もすべて解体して下地からやり直しというプランでは、外壁を残して室内は全て作り直しという事になります。これでは解体処分費と既存の設計に合わせるために多くの手間がかかってしまいます。また、この場合、解体時に壊す必要のない部分まで撤去することになりますので「虫歯ではない歯まで一緒に抜かれて、その歯の差し歯まで注文させられた」という感じに近いですね。
もちろん、室内すべてが新しくなっているに越したことは無いのでしょうけれど、正直に言いますと、目に見えるような差は壁がすこし歪んでいるのが解消されるという程度です。

2.外壁をなるべく絡めない

中規模改修工事になってくると、3坪分までの増築は建築確認申請が不要という事もあり少しだけでも部屋を広くしたい!!というご希望の方も多くなります。ですが、外壁を絡めてしまうと、50万円~単位での増額になります。室内だけで良かった解体も外壁まで増え、基礎の立上げも増え、屋根の施工も増え、その増築部がユニットバスの場合は既存の家の基礎が邪魔になるので基礎も部分的に撤去するなどなど、かなりの工程追加が発生するからです。ですので、ご予算に限りがあるという場合には、使っていない部屋や廊下や収納を部屋に取り込み、少し広くするという方法をご提案するようにしています。

3.構造体をなるべく絡めない

キッチンと茶の間を繋げてLDKにしたい!!というご要望はとても多いリフォーム内容です。ですが、間仕切り壁の中にあった筋交いや二階の乗った柱を撤去してまでつなげたいという場合は、大きな梁を入れるなどの大掛かりな作業が追加されることになるんです。ですので、ご予算に限りがある場合には柱と筋交いを綺麗に加工して残すという工法で代案させていただいております。壁だった状態から柱のみにした場合、光は十分に通るので、部屋の一体感はとても上がります。また、家具などの配置まで事前に決めていれば間仕切り部分の柱は邪魔にならないという事も実は分かるんです!おっと、これ以上は他社さんに真似されると弊社の特徴が減るので実際にご依頼いただいてからですね!

4.家の性能・機能をどのレベルまで上げたいのか費用対効果で考える

床下の断熱はスタイロフォームの100mmくらいでないと!!という方もいらっしゃるでしょう。ですが、家・部屋は床・壁・天井・建具といった様々なパーツで構成されています。また、家自体も年代によっては外壁が通気工法ではなく直張工法になるなど、外気からの熱伝導の状況も様々です。が、一つだけ簡単に言えることは、部屋の中で一番寒さを伝えやすいパーツに温度は引っ張られるという事です。水回り一新!!という家は築年数が30年くらい経っている事が多いです。すると寒さの最大の原因は窓になります。正確には窓枠です。ガラスもそこそこ冷えるのですが、アルミサッシからの冷気は尋常ではありません。弊社ではインプラスというLIXILの内窓を施工させていただくことが多いのですが、お客様に実感していただくためにアルミサッシに取り付けたインプラスを暖房が利いている状態で開けていただくと冷たい風がビュービュー入ってくるんです!これは、隙間風ではなく低気圧(アルミサッシ側の気温)と高気圧(インプラスで仕切られた部屋の気温)との差で起きる現象です。そのくらいアルミサッシは熱を外に逃がしているんです。逆に言ってしまうと、床の断熱や壁の断熱をグレードアップしてもほとんどの人体感できません。なぜかというと、断熱材が入っていないのと入っているのでは体感できる差が出ますが、最低グレードの断熱材と最高グレードの断熱材ではどれだけ条件を悪くしても1度~2度程度しか差が出ないからです。ただし!グレードの高い断熱材を否定しているわけではありません。暖房を消してから気温が下がる時間をゆっくりにしたり基準を満たした断熱材と工法で施工することで(リフォームでは難しいですが)暖めやすく冷えにくい部屋になるのは間違いありません!が、あくまで低予算で考えると断熱材はベースグレードの商品をしっかり入れるという事が大切になるという事になります。

細かい事の積み重ねにはなりますが、必要な内容に予算を使い、効果の無いもしくは薄い内容は最低限に抑えるというシンプルな考え方でプランニングさせていただいております。

「壊して作る」がリフォームです。壊したら作らなくてはいけません。使える場所を壊すと「壊す」「作る」それぞれに無駄な費用が発生します。ただ単純に値引きをするのではなく、性能面・機能面を考慮して削減できる予算を最大限に削減するという事がどういう事かがお分かりいただけたかと思います。

他社様のお見積りで予算を大幅にオーバーしたという方は是非Optimaにもご相談ください。

Optima代表
お電話でご確認の場合は050-3692-0800まで!

中規模改修工事施工事例はこちら